運搬車、クレーン、バッテリー等、業界をリードするオリジナルブランド

株式会社イナダ
INADA INC.
ENGLISH CHINESE
HOME 企業情報 製品情報 当社の技術 採用情報 お問合せ
企業情報
企業情報
経営ビジョン
社長メッセージ
会社概要
イナダのあゆみ
本社所在地・営業所
カタログダウンロード CATALOG DOWNLOAD
マニアスプレッダーをムービーで見る SEE THE MOVIE
よくあるご質問と答え
イナダのあゆみ
1918年(大正7年)
稲田義虎が個人で稲田農機具店を創業。
鋤、人力脱穀機の製造と農機具販売を始める。
創業者社長 稲田 義虎
創業者社長 稲田 義虎
鋤
1940年(昭和15年) 稲田農機製作所と改名し、動力脱穀機の製造を開始。
1952年(昭和27年) 全自動脱穀機の製造を開始。全国販売網を形成する。
1955年(昭和30年) 稲田義虎が発明賞を受ける。
1958年(昭和33年) 稲田農機株式会社を設立。
稲田義虎が社長に就任。資本金150万円。
1961年(昭和36年)
乗用動力運搬車『トップ号』の製造に着手。
全自動脱穀機が国営検査に合格、農林大臣賞を受ける。
資本金200万円に増資。
乗用動力運搬車
乗用動力運搬車
1973年(昭和48年) 運搬車に油圧ダンプ方式を採用。
1977年(昭和52年)
稲田喜代茂が2代目社長に就任。
歩行用動力運搬車を加え動力運搬車をシリーズ化し『えびす号』と命名。
二代目社長 稲田 喜代茂
二代目社長 稲田 喜代茂
1978年(昭和53年) 履帯式クローラ運搬車をシリーズに加える。
1980年(昭和55年) 株式会社タダノの協力工場となる。
1986年(昭和61年) 資本金を600万円に増資。
1987年(昭和62年)
多目的散布車(自走式マニアスプレッダー)の製造を開始。
多目的散布車
多目的散布車
1988年(昭和63年) 川田工業株式会社の協力工場となる。
1989年(平成元年) 現在地に本社工場を移転、株式会社イナダに社名を変更。
稲田覚が3代目社長に就任。
資本金を2,000万円に増資。
1990年(平成2年) セイレイ工業株式会社の協力工場となる。
韓国釜山市に初の海外生産拠点を開設。
1991年(平成3年)
芳香機『トップノート』を開発。
芳香機
芳香機
1993年(平成5年) イナダバッテリーの製造販売を開始。
1996年(平成8年) 大阪支店を開設。
イナダバッテリーの海外輸出を開始。
1998年(平成10年) ヨーロッパへ運搬車輸出を開始。
1999年(平成11年) 本社工場、ISO9002認証取得。
2001年(平成13年) 名古屋支店を開設。
2002年(平成14年) 上海事務所開設。本社工場ISO9001:2000認証取得。
2006年(平成18年) カンボジア事務所開設。
カンボジアへバッテリーを輸出開始。
2008年(平成20年) 郡山営業所を開設。
2008年(平成20年) 関東支店を開設。
2010年(平成22年) 郡山営業所を移設し、埼玉県桶川市に関東倉庫を開設。
PAGE TOP
Copyright (C) INADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.